メニュー

ご挨拶

 [地域の皆様と共にある医療を目指して] 

院長の大塚正史と申します。

院長写真

世の中の役に立ちたい、少しでも困っている人の助けになりたいという漠然とした動機から医者になり、20数年経ちました。普通に大学病院の研修を終え、これまで循環器専門医として基幹病院に勤務し、救急診療にも携わってきました。研究や急性期医療を突き詰めていき、医者としての充実感が得られる一方で、何か忘れているような、片手落ちのようなものをずっと感じておりました。

急性期医療というのは、その方の人生において一瞬の出来事(病気)に対しての医療です。慢性期医療というのは、その方の普段の生活の中で高血圧や糖尿病などの成人病(慢性疾患)をきちんとコントロールしていくことです。いずれか一方だけ見ていても、十分ではなく、急性期と慢性期の両輪をうまく手当することが、医者の使命だと思います。まさしくそれが急性期医療と慢性期医療の両方に関わってきた私の果たすべき役割だと思っております。

超高齢社会を迎えた今、急性期医療だけではなく慢性期医療、特に高齢者医療の重要性を感じます。言葉が適切でないかもしれませんが、社会的弱者である高齢者が「ご高齢なのでしかたないですよ」という言い訳めいた言葉だけで、本来受けられるべき医療が受けられないというのはおかしな話です。10人の患者様がいらっしゃれば、10通りの医療があるべきなのです。そのためには患者様の健康状態を普段から継続的に把握しながら、必要なときに適切な医療をご提供できるようなクリニックをめざし、このたび「辻堂太平台クリニック」を開院いたしました。

急性期対応としてレントゲン、心電図はもとより、循環器専門クリニックとして24時間心電図および超音波検査機器も充実させており、その場で診断できるよう心がけます。電子カルテも導入し、採血結果についても次の日にはすぐにお知らせできる体制と整えております。また近くの基幹病院とも医療連携させて頂き、万が一ご入院が必要などの場合には、迅速な対応を取らせて頂いております。慢性期対応として3大成人病(高血圧、糖尿病、高脂血症)の管理はもちろんですが、一般内科疾患やちょっとした外科的な処置(可能なものに限られますが・・・)も行っております。

また急なお子様の発熱や腹痛といった小児科対応も出来うる限り対応させて頂いております。

つまり「コンビニエンスクリニック」とでも言いましょうか、地域の「医療のよろず相談窓口」としてお使い頂ければと思います。そのためには、まず患者様との「会話」を大切にし、患者様のお話をよく聞かせて頂きます。なによりも患者様と「真摯」に向き合い、その方の「人生に寄り添う医療」を提供します。

まだまだ未熟な、よちよち歩きの赤ちゃんのようなクリニックですが、皆様のお力添えを頂いて、地域の皆様に貢献できるようなクリニックに育てあげたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 大塚 正史

略歴

平成8年 千葉大学医学部 卒業
平成11年 千葉県救急医療センター 勤務
平成17年 聖隷横浜病院 循環器科 勤務
平成23年 藤沢市民病院 救命救急センター 勤務
平成25年 医療法人社団白百合会 白百合クリニック訪問診療 勤務
平成29年 辻堂太平台クリニック 開院

所属学会・資格

  • 医師免許
  • 千葉大学大学院 循環病態医科学 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本外傷診療研究機構JATECプロバイダー
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 厚生労働省認知症サポート医
  • 日本糖尿病協会登録医

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME