メニュー

高コレステロール血症の診断・治療

血液中の悪玉コレステロール(LDL-C)や中性脂肪が多くなったり、善玉コレステロール(HDL-C)が少なくなったりした状態のことです。

原因

家族性コレステロール血症など、遺伝的なもの(一次性高脂血症)から、食生活の乱れなど生活習慣が原因の二次性高脂血症に分かれます。今は無症状であっても、悪玉コレステロールが高い状態、善玉コレステロールが低い状態が続くと、全身の血管を痛めつけ、脳卒中や心臓発作の原因になります。

症状

多くの患者様では無症状ですが、重症の場合は膵炎や黄色腫(うわまぶたに多い)が出現することもあります。

検査・治療

健康診断などで指摘されることも多いですが、まずは、採血を行います。コレステロール異常が確認された場合には、食事・運動療法を開始し、それでも改善が見られなければ薬物療法をお勧め致します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME