メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。

インスリン療法では、インスリン注射の適切な保管方法も大切です。未開封のインスリンはきちんと冷蔵庫内で2~8℃で保管することが重要です。ご旅行などで持ち歩く際にも、タオルに包んだり、かばんに入れて外気に当たらないなどの工夫が必要です。飛行機などで預け入れてしまうと、貨物室内で凍結してしまうこともあり、必ず機内持ち込みにします。

糖尿病の患者様にとって、日々の血糖コントロールは重要です。その値についても、外来ですぐに検査結果をお知らせできるようにしております。特に、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という、過去1~2か月にさかのぼっての血糖コントロールを評価できるものについても、迅速検査を行い、その場で結果をお知らせして、最適な治療に役立てます。

膵臓の検査・治療が必要な場合もございますので、その場合は、信頼のおける近隣の基幹病院様と連携致します。

また、糖尿病の合併症についても近隣の眼科様とも連携し、生活の質が落ちない様に手当させて頂きます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME